たかみち通信 6月号

こんにちは、院長の酒井です。

そろそろ名古屋も梅雨入り間近になってきましたね。

雨も多くなりジメジメした日が続くと体調もすぐれなくなることが多くなると思います。

そこで私たちの出番です!

当院では『針(鍼)灸接骨院』として、日々鍼灸と接骨の業務を行っています。

皆さんの中には『鍼・灸』と聞かれると“痛い”“恐い”といったイメージが強いのではないでしょうか?

鍼灸の施術は皆さんご存知のように中国から入ってきた東洋医学の一つですが、

日本に伝わるとこの鍼灸は独自の進化をして、日本人に合った繊細な鍼灸の方法が出来上がってきました。

現在当院でよく使われる鍼は直径0.14㎜からの鍼(日本人の髪の毛の太さが平均0.05~0.15㎜)

ですので、やや太い髪の毛程度ですから殆ど痛みを感じずに鍼の施術を受けることができます。

また当院で使用している鍼はすべて国産の使い捨ての鍼(ディスポーザブル鍼)を使用していますので、

安全面・衛生面も心配ありません。

また鍼灸の効能については『WHO(世界保健機関)』からも様々な効果・効能が認められています。

詳しくはまた後日どこかで詳しく説明させて頂きたいと思います。

(また鍼灸施術についてご質問がありましたら、何でもご相談下さい!)

【※受付カウンターに『はり・きゅうの基礎知識』の小冊子が置いてありますので、ご自由にお持ち下さい】