たかみち通信 令和3年1月号

こんにちは、院長の酒井です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年のたかみち通信1月号を読み返していましたら、あと何か月でオリンピックが

始まるぞ!と楽しみな記事が多かったですが、昨年は新型コロナウィルスの感染の

広まりでとんだ年になってしまい生活スタイルまで一変しました。

今年からは少しでも楽しく、ワクワクするような記事がたくさん書けるように

なって欲しいものですね。

 

個人的な意見ですが、こういう困難な時こそあまりネガティブ思考(否定的・消極的な考え方)

ばかりではなく、ポジティブ思考(肯定的・積極的な考え方)も必要かと思います。

テレビやネットではほぼネガティブニュースしか取り上げられないので、さすがに毎日だと

気がめいってきます。この状態が続くと自律神経が乱れ免疫機能にも悪影響を及ぼしますので、

ウィルスの感染を完全に防ぐことはできないと思いますから、みんなができる限りのウィルス感染の

予防を頑張って行い、最悪感染しても抵抗力や免疫力を強く保て症状が発症(もしくは重症化)しないように

出来れば良いのではないでしょうか、と考えると少しは気が楽になると思います。


【※1月11日(月・成人の日)は通常通リ診療行います】